モラルの問題?! 救急車の一部有料化について賛成or反対? - 【SNSビジネス】で稼ぎ続ける・・ための3つの法則!

モラルの問題?! 救急車の一部有料化について賛成or反対?

救急車出動件数591万件!(平成25年度)

その数は年々増加傾向にあります。

救急車.jpg

搬送者の約半分は軽症者と言われてます。

軽症者の中にはマスコミ等でも話題に
なりますが、タクシー代わり、酔っ払い
などのモラルの低いものも含まれます。

これにより緊急を要する患者の救命に
影響が出ており問題となってます。

一部の不正利用の人のために大切な命が
失われるのはあってはならないことです。

では救急車救急隊を増やすことで問題は
軽減できるでしょうか?

現在は全国どこでもギリギリで運用して
いる状態で、ただ単に増やしても効果に
問題があるようです。

また、現在は一律無料化であり運用は
税金から捻出されているので非常に
厳しいようです。

一方、海外に目を向けてみると救急搬送の
有料化が定着しています。

日本と同じ無料の先進国の都市は、ロンドン
とローマくらいです。

先程、国の財政制度等審議会が救急車の一部
有料化
について財務省に提言しました。

私のこの提言には賛成です。

ただし、有料化の基準と枠組みをしっかり
決めてからの実行でであれば賛成です。

これについてのアンケート調査もあった
らしく、重症患者以外が有料化が60%
全て有料が21%という結果でした。

あなたはどう思いますか?


有料化の有無に関わらず誰でも救急車
呼ぶべきか否かを判断するのに迷うこと
があると思います。

ネット上に『救急車を呼ぶべき情報』
『救急車を呼ぶ時のポイント』という
のがあります。

これを電話近く、家族の集まる場所に
掲示しておけば、いざという時に慌て
ないでむと思うのでお勧めします。

また、『応急処置』『応急手当』『救急
隊員に伝える内容』
なども同様に掲示
しておけばさらに安心です。

救急車利用のもう一つの問題が、高齢者
の利用件数が増加していることがあげら
れます。

高齢者は車などの交通手段がない、タクシー
代の負担が厳しいなどの理由のために呼ぶ
ケースが増えています。

これについても救急車に代わる何らかの
手段を考えなくてはいけないと思います。

ちなみに日本での救急車の稼働には、人件費
も含めて4万円以上かかると言われてます。

年間の救急搬送代金を単純計算すると
591万件×4万円=2364万円
掛かります。

無駄な利用が減れば、一部有料化にしなくて
も税金の無駄遣いが減り、搬送時間の短縮に
も繋がります。

この問題で残念なのは一部のモラルの低い人の
利用により、問題が拡大して多くの人に迷惑を
かけていることを自覚してほしいですね。

もう一度、一人一人がモラル(道徳)について、
じっくり考えてみる時期なのかもしれませんね。


話が変わりますが、私の行っているネットワーク
ビジネスについても同様の傾向があげられます。

一部の不適切なネットワークビジネスなどが
メディアで取り上げられるため、これに対して
良いイメージを持たない人も少なくないです。

これも少しづつ誤解を解いていく努力をして
いかなくてはいけません。

このビジネスには老後生活不安、今より少し
上の生活など様々な解決法が詰まっていると
思います。

        

在宅ネットワークビジネスに興味があればココをどうぞ!








ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

point8_2s.png

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

point8_2s.png

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

point8_2s.png

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。