2025年の全国の病床数を10%削減で医療は大丈夫? - 【SNSビジネス】で稼ぎ続ける・・ための3つの法則!

2025年の全国の病床数を10%削減で医療は大丈夫?

2025年以降75歳以上が4人に1人の
超高齢化社会となります。

これに伴い、政府は以下について発表
しました。

2025年全国の病床数を現在よりも
10%削減
(※現在よりも病床数が20万削減。)

病床数削減の目的は、地域格差を無くす
事と在宅医療の充実とのことでした。

そし政府は、これを『地域医療構想』
反映していくそうです。

地域医療構想(?!)
2025年以降の必要ベット数に応じて
急性期病院の統廃合と慢性期疾患患者に
対して在宅医療の充実を図ることらしい
です。

病院の統廃合の危機にある民間医療機関に
対しては、診療報酬などの一部優遇措置を
図るとのことでした。

何か難しい話ですが簡単に言うと、急性期
・慢性期の疾患でも今よりも入院が難しく
なるのだと思います。

病床数が間違いなく減るのですから…。

病院側も病床数削減は大きな痛手となり、
病院運営も昔と違って診療報酬削減などで
厳しさを増すばかりです。

一番心配なのは、在宅医療の充実を図る事
により、各家庭での看病、介護の負担が
大きくなるのではと思います。

これでは、家の働き手が減ってしまう事で
生活がさらに苦しくなる家庭が増えるのでは
ないでしょうか?

ちょっと飛躍してしまいますが、今後こういう
動きが加速して生活格差が進みお金持ちしか
入院できない医療にはならないで欲しいです。

日々忙しく生活していると2025年
アッという間に迎えてしまいます。

医療費も年々増加しており、いつ破綻しても
おかしくない状態というのも現実として
捉えなくてはいけません。

であれば今から準備しておけばその時を迎えても
焦ることもなく安心ではないですか?

これらに備えて今から出来ることをしっかり積み
重ねていくことが将来への一番の解決策であると
考えます。

そして早い決断と行動が安心に繋がり、同じ
行動を起こすにしても若ければ若いほうが
より効果はより大きいと思います。

将来、誰かが在宅医療になっても生活苦を
解消できる解決策がここにあります。

      

将来に備え権利収入を得て安心で豊かな老後を送る方法!

ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

point8_2s.png

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

point8_2s.png

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

point8_2s.png

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。