介護福祉士の現状! 仕事のやりがいと収入の差を考える。 - 【SNSビジネス】で稼ぎ続ける・・ための3つの法則!

介護福祉士の現状! 仕事のやりがいと収入の差を考える。

  介護福祉士.jpg 

『介護福祉士という仕事には、やりがいを
感じてる。』


これは、同じ病院に勤務している介護福祉士
友人から聞いた言葉です。

この言葉で気になったのは、「仕事に」ではなく
「仕事には」という点でした。

この言葉から何となく仕事以外のことに
不満また不安を抱えているのではないか
との印象をうけました。

介護福祉士は、食事、排泄、入浴、清拭
などの身体介護や家族などに対して介護
の相談やアドバイスなども行ってます。

勤務で介護福祉士の方と接していると肉体
労働の仕事が多く常に体を動かしている
印象を受けます。

介護福祉士のスタッフの中には、スキル
アップを目指してケアマネージャー
資格を取る方もいます。

先程の件で自分の中で感じたことを友人に
伝えると、自分の感が当たっていました。

友人は、仕事内容は肉体労働でキツイが
患者さんや家族の方に感謝されたときに、
やりがいを感じられるとのことでした。

だが、変則勤務や肉体的・精神的にハード
な仕事の割に他の医療職種と比べて給与が
低いというのが不満だということでした。

病院のヘルパーの方と比較すれば、介護資格
手当が出ていますが、他の資格職より低い
設定となってます。

また、当院では介護福祉士は看護師の指示の
もと業務を行い、役職も主任補佐までのため、
ほとんどが10年以内に退職していきます。

長く勤めても魅力を感じなくなってしまう
原因の一つかもしれません。

経営側との意見交換会で、手当、役職に関する
質問が出たが、介護福祉士とヘルパーの仕事
に差が見られないためとの返答でした。

どちらの意見もわかるが、離職率を下げる
ためにも何かしらの対策が必要だろうと
思いました。

「この仕事は好きだし、これからも続けて
いきたいが、少しでも条件の良いところを
探しているがどこも変わりない。」

と友人は言ってました。

この職種に限った事ではないですが、仕事に
やりがいがあっても給与や待遇に不満や不安
を抱えている人は少なくないと思います。

その仕事が好きであっても生活が成り立たない
のでは意味がありません。


私は将来の事を考え在宅ネットワークビジネス
をやっていますが、友人には詳しくは伝えて
ません。

もし興味が湧き、自分が本当にやってみたい
と聞いてきたときに教えようと思っています。

このビジネスは、口コミやストレスが無いので
楽しみながらやっています。


もし仕事に満足しているが少しでもプラスの
収入があればと思う方の解決策になると思い
ます。



プラス収入でゆとりのある生活を送りたい時は
ココをクリックしてみてください!




ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

point8_2s.png

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

point8_2s.png

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

point8_2s.png

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png