【非正規社員】中年フリーター!脱出方法はこちら! - 【SNSビジネス】で稼ぎ続ける・・ための3つの法則!

【非正規社員】中年フリーター!脱出方法はこちら!

派遣社員・アルバイト・パートなどの非正規労働者の増加が止まりません


プラス思考.png

1989年に817万人だった非正規労働者は、2014年には1962万人になったそうです。

なんと全体の37%、労働者の≒3人に1人が非正規労働者だそうです

フリーターといえば、若者の特権のように聞こえますが、
1990年から2000年の就職氷河期にフリーターが増え始めました。

そのとき若者だった人が、正規社員になれないまま現在もフリーターを続けているんです。
その当時、22歳だった人も今では47歳です。

中年フリーターが深刻な問題になっています。
やがては高年フリーターになります。

日本はこの先どうなるのでしょうか?

中年フリーターの中村一朗さんの場合


MLM.jpg

秋田県に暮らす中村一郎さん(41歳、仮名)は就職氷河期世代の人です。

地元の商業高校を卒業後、上京して大手流通企業に正社員として就職したものの、
家庭の事情から非正規労働者になり、職を転々するはめになってしまいました。

今は生活費の足りない分を、セールなどの掘り出し物を見つけては、ネットオークションで
売りさばき、なんとか生計を立てているそうです。

さらに中村さんを苦しめたのが2006年のライブドアショックです。
200万円あった貯金を少しでも増やそうと、株式に投資をしていたのが、
裏目に出て大損をし、残ったお金はは20万円ちょっと。

貯金がほとんどなくなってしまった。

地元で面接を受けられる会社はすべて受けててしまっていたので、
今ではどこも正規社員としては雇って貰えません。

車の免許が無かったことも大きな要因でした。

東京では車の免許が無くても仕事は出来ましたが、
地方だと車の免許は絶対必要条件になります。

今では、銀行から借金して、教習所に通っているみたいです。

転ばぬ先の杖・備えあれば憂いなし・は必要です!


お金持ち.png

この話はなにも、中村さんに限ったお話ではありません。

あなたにも起こり得るお話なんです。

シャープを見てください。ソニーを見てください。
これだけの大企業が、不況のため大規模なリストラを行おうとしています。

私の会社は絶対大丈夫!というところは無くなってしまいました。

 
インターネットビジネスは50歳からでも遅くはありません!

62歳から始めて成功している人もいます。





ネットで稼ごうと思っても毎月安定収入にはならない!

point8_2s.png

手軽だと思って始めたアフィリエイト、思ったほど成果が出ない

point8_2s.png

ポイントサイトで毎日必死にアンケートやクリックしても報酬はわずか

point8_2s.png

情報商材を購入してはみたものの、何から手を付けてよいのかわからない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。