マイホーム 崩壊と成功 - 【SNSビジネス】で稼ぎ続ける・・ための3つの法則!

夢のマイホーム!これを知らないと失敗します!

工務店の上手な選び方


工務店(ハウスビルダー)を大きく分けると、次の3つになります。
myhome-04.jpg

1.大手のハウスメーカー
 TVでCMしている、●●ホームとか●●ハウスとか全国に営業所を
 構えているお店。

2.フランチャイズに加盟している地元の工務店
 全国に130店舗の加盟している、一見ハウスメーカーに見えるが
 あくまで、地元の工務店が加盟している。

3.古くから地元で経営している大工さん(工務店)

 ●●建築とか●●組など、古くから在来工法を主としている
 地域に根ざしている工務店。


こんな工務店は絶対ダメ!絶対注意すべき3か条


kenntikuka-03.gif

@建築士の資格が無いのに、設計をする営業マン。
  住宅の営業マンの多くは、建築士の資格を持っていません。
 (中には建築士の資格を持っている人もいますが少数です)

  建築士の資格があってもペーパードライバーがいますので
  要注意です。

A見積を出してくれと頼んだら、1式いくらで出すところ。
  内容が書いていないので、どれが入っていて、どれが入って
  いないか良く解らない。

B極端に金額が安いところ(ローコストは要注意)
  建物本体の金額を安く見せかけておいて、実は付帯工事で
  しっかりお金を頂いている。
  高い理由・安い理由は必ずあります。

こんな工務店はおすすめ!安心できます!


kenntikuka-01.png

@設計の打ち合わせをする時は、必ず建築士が参加する。
 
 希望・要望を全て聞いてくれる。
 他社の悪口を言わない。
 逆に他社のことを褒める。

一生に一度のマイホームなので要望は沢山あると思います。
この時、優先順位を決めてお願いすれば、建築士さんが
上手にプランを作ってくれます。

マイホームの優先順位とは、
@これは絶対必要、
Aこれは欲しい。
Bこれはあったら嬉しい

借りれるからといっても、無理な住宅ローンは危険!


住宅の営業マンは、年収から計算して借り入れ枠限度まで
組ませる人が多いです。
中には年収の7倍まで借りれるところもあるそうです。

仮に年収500万円の場合、借入金は3500万円まで借りれます。

毎月の支払いは約11万円です。

年収500万円といっても、毎月の手取りは35万円位ですよね。
それから11万円引くと、残りは24万円です。

子供が小さいうちはまだ良いとして、中学校になるとどんどん
お金がかかってきます。

そうなると、お母さんは住宅ローンを少しでも払おうと
パートに出ます。

せっかく家族の幸せのために手に入れた夢のマイホーム!
なのに家族がバラバラになってしまうことも少なくありません!

 
パートに出ないで、在宅で毎月10万円稼ぐ方法があります!
安心してください!友達を誘う口コミはありません!




夢のマイホーム! 後悔しない家づくり!その為には・・

myhome-01.gif

夢のマイホーム! 後悔しない家づくり!その為には?


ハウスメーカーのセールストーク
「家賃がもったいないから」という理由で家を建ててはいけません!

住宅購入後、「意外に住居費がふくらんでしまい、生活が苦しくなった」という人は
少なくありません。

持ち家になると固定資産税が発生することや、マンションなら管理費や修繕積立金が必要
なことを考慮しているでしょうか?

ハウスメーカーの話を信じて「月々のローン返済額が家賃なみ」という判断基準で家を買うと住居にかかるコストが予想以上にかかり、破綻するケースもありますのでご注意を!

また、住宅ローンの返済期間は長く、その間に家族の生活はどんどん変化していきます。
以前も書いたように子どもが生まれると家計に大きな影響があることをよく考えておかなく
てはなりません。

子どもが幼いうちは、なんとかなるとしても、高校や大学への進学時期には、教育費の負担
が重くのしかかってきます。

当初は楽に支払えていた「家賃なみの返済額」でも、子どもが成長するにしたがって支払い
に苦労するケースは非常に多いのです。

家族団らんの為に建てたマイホーム。その支払いの為に家族がバラバラになるケースも・・
自分達のライフスタイルが崩れないようマイホームを購入するにはどうしたらよいのでしょうか。

今のライフスタイルを変えないで、パートにも出ないで、今の給料の他に収入があれば・・

そんな方法ってあるの?

kenntikuka-01.png

さすらいの・・いっきゅうさん に相談してみましょう!!



マイホーム計画 成功のポイント!崩壊する原因は? 

myhome-03.jpg

マイホーム計画 成功のポイント!崩壊する原因は?

 

誰もが夢見る、憧れのマイホーム!
絶対に失敗はしたくない、一生に一度のマイホーム!

マイホームを購入する時、避けては通れない悩みは資金面です。
マイホームは人生で一番大きな買い物です。

住宅ローンはマイホームを購入した際に、金融機関と自分達で決めた方法で長い人で
35年間返済し続けなければいけません。言わば人生を左右する最大のローンと言えます。

仮に総額2400万円。自己資金400万円。借入金2000万円の場合の計算です。
固定金利2.4% 35年返済だとして、毎月の返済が約72000円となります。

住宅ローンを組めるからと言って、毎月の生活水準もできれば下げたくはないですよね。
せっかくのマイホームを手に入れたのに、ライフスタイルが崩れてしまい、家族がバラバラ
なんてこともあります。

大抵の銀行は、毎月の返済額が月収の20%、月収が36万円程度あれば貸してくます。
ここがミソです。手取りが36万円あれば毎月72000円はなんとかなるでしょうが、実際
問題月収36万円であれば、手取りは30万円そこそこでしょう。

子供が小さいうちはまだしも、中学生、高校生になれば、また余分にお金がかかってきます。
あと10万円、いや5万円あればということで、奥様がパートに出るケースが多くなります。

せっかく建てた夢のマイホーム、住宅ローンを返済するために家族がバラバラになるケースも・・
自分達のライフスタイルが崩れないようマイホームを購入するにはどうしたらよいのでしょうか。

今のライフスタイルを変えないで、パートにも出ないで、今の給料の他に収入があれば・・

そんな夢みたいな話ってあるの?

さすらいのいっきゅうさんに聞いてみれば?

持ち家計画 住宅ローンは「家賃の前払い」?困難すぎる繰り上げ返済!

myhome-04.jpg

持ち家計画 住宅ローンは「家賃の前払い」なのか?困難すぎる繰り上げ返済とは?!


ある専門家は「マイホームを自分の資産ととらえるべきではない」と言っていました。

多くの人は、家を買ったら一生住み続けることになりますが、住んでいる間、そこから
収益が生まれるわけではありません。

つまり、ローンを組んで家を買うのは、実質的には「家賃の前払い」をしているのと同じことなのです。マイホームといえど、住宅ローンを完済しない限り、自分の資産にならないということです。

家を買うことの最大のメリットは、年金生活に入り、現役時代より収入が大幅にダウンした時、家賃を払わなくてすむ。ということでしょう。

このように考えると、60歳以降まで返済が続くような住宅ローンを組んで家を買うのは「家賃の前払い」にさえなりませんから、避けるべきだということになりますね。

ところが、住宅ローンを借りる年代は、圧倒的に35歳から40歳の人が多いのが現実です。
35歳の人が、40歳の人がそれぞれ35年ローンを組めば、70歳、75歳までローンの返済が続きます。

不動産の売り手が「途中で繰り上げ返済すれば退職までに完済できますから、大丈夫ですよ」などとセールストークを言うと、それを鵜呑みにしてしまう人が多いようです。

繰り上げ返済をするのはそう簡単なことではありません


子どもの教育費や自分たちの老後資金も貯めながら、それとは別に繰り上げ返済の資金も貯蓄するのは本当に至難の業なのです。

あと10万円、いや5万円あればということで、奥様がパートに出るケースが多くなります。
せっかく建てた夢のマイホーム、住宅ローンを返済するために家族がバラバラになるケースも・・

自分達のライフスタイルが崩れないようマイホームを購入するにはどうしたらよいのでしょうか。

今のライフスタイルを変えないで、パートにも出ないで、今の給料の他に収入があれば・・

そんな方法があるの?

さすらいの・・いっきゅうさんに聞いてみましょう!






「地震保険料」が再び値上げ?!全国平均30%上がる可能性があります。



1.png

日本には頻繁に「地震」が起きる島国であり、多くの建物もそれに対応して頑丈に建てられていますね。
多くの人は頻繁に起きる小さな地震に苛立ちを感じるかも知れませんが、実は頻繁に起きる小さな地震こそ、大きな事故を防ぐ良い現象です。


頻繁に小さな地震が起きると、エネルギーが定期的に少しずつ発散する事になりますので、多くの場合殆ど事故が起こりません。
しかし、怖いのは何年もの長い期間来ていなく、そしてある日突然来る大地震です。
その様に突然来る巨大地震は莫大なエネルギーが一気に放つ事になりますので、多くの場合悲惨な事故に繋がる事になります。


その為、多くの家庭では、例えその様な巨大地震が来るか来ないかにも関わらず、万が一の為に「地震保険」に入っておりますね。
ところで最近では、住宅向けの「地震保険料」を決めている損害保険業界の団体が、保険料を全国平均で約30%上げる必要があるとの試算をまとめました。


つまり、保険料はこれから高くなる可能性が高いという事ですね。
そして当然保険料だけではなく、少子高齢化によって年金負担健康保険負担も一緒に上がる事になります。


ただ、今は不景気の時代でどの家族も生活が大変で、とても余裕のある時間やお金なんでありません。
しかし、もし在宅でパソコン一台で行える副業があるなら......

在宅で権利収入を得られる副業とは?

家のローンを払い終わったその後に待っていること

a0960_006026.jpg

一般的に家のローンを25年〜30年くらいで組むとして
定年の60歳前後で払い終わることが多いようです。

一生懸命働いてローンを払い終わり、ようやくほっとできると
思ったところに、家の外壁や内装など傷みを感じるように
なります。

夫婦共働きで頑張ってきて定年を迎え、やっと家にいることが
できると思っていても、まだまだ出費は納まりません。

退職金が多めに出る人は、安泰に暮らせるのでしょうが
今の時代では、そういう人ばかりではないでしょう。

家のローンだけを払ってきたわけではなく
子どもの教育資金や結婚資金。

親の介護にお金を出さなければいけない人もいるでしょう。
そうなると自分たち夫婦の為に残る老後のための資金が
足りなくなることもあるかもしれません。

外壁を10年ごとに塗り直すことができていれば
綺麗でしかも丈夫でいるのでしょうけど、
それもできないお家もあるでしょう。

リフォームを考えても、退職してからでは
ローンを組んで直すというのは難しいでしょね。

その時に困らない為にできることは?

40代50代のうちに老後のことを考える必要が
あるということです。

定年後の経済的なことを早めに考えておくと
いうことです。

本業の他に権利収入で一生困らない収入を
40代から考えていくと明るい老後を迎えられるのでは?
と 思うのです。

ではその為に

    こちらをクリック

     ↓   ↓   ↓

   ゆとりあるライフスタイルを考えてみましょう!!

突然夫が無職になった時、どうやって乗り越えますか?

a1380_001040.jpg

当たり前のように出勤する姿



夫が「行ってきます」と玄関を出ていく姿を見て
それが当たり前だと妻は思っています。

いつものように朝食を食べ、いつものようにスーツを着て
いつものようにゴミを出してくれて、出勤する。

なんの疑いもなく働いていると思っている妻。
それが、カモフラージュだとしたら どうしますか?

夫が家族にだまって会社を辞めていたら
あなたはどうしますか?

そして、そのまま家に帰らなくなったとしたら・・・?


死ぬほど辞めたかった



家族の為に、一生懸命に働き
辛くても弱音をはかず働くのが、当たり前なのでしょうか。

男だって女だって、苦しむために生きているのではなく
幸せを感じるために生きるのです。

もし、死ぬほど仕事が嫌になった時は
辞める選択は恥ずかしいものではないですよね。

家のローンが残っているのなら
売ることもできるでしょう。

子どもの進学を心配しているのなら
子どもと腹を割って相談することもできるでしょう。

健康であれば、一つの会社を辞めたとしても
次を考えることができるはずです。

健康でなかったとしても、役所に相談して
どうにか生きていく術はあるはずです。


夫婦でやり直す覚悟



「人生楽ありゃ苦もあるさ」って
水戸黄門さまも言っています(言ってないか)

生きていれば色々なことがありますよね。
お金のことで悩む方は多いと思います。

でも、収入を得る方法は 数多くあります。

自分に合うかどうかにこだわるか。
できるだけ稼ぐ為に 種類を選ばず働くか。

夫婦で話し合って、やり直すことは
大事なことだと思います。

ここで、夫婦の役割が逆転する場合もあるでしょう。
無駄な買い物を見直すきっかけにもなります。

悪いことばかりではなく
これをチャンスと受け止めて 生き直すのも 良いですね。


ストレスのない仕事はあるでしょうか



仕事を探すうえで、ストレスを感じないようなものは
あるでしょうか?

お客様との関係、同僚との関係など
人間関係でのストレスは なかなか 難しいですね。

もし、在宅で一人でコツコツと 努力するだけで
収入を得られるとしたら、人間関係のストレスは 0です。

時間を自由に使えて、収入を得ることができるとしたら
とても魅力を感じませんか?


気になる方は こちらをクリックしてください

    ↓   ↓   ↓

  完全在宅で理想の人生を手に入れる方法








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。