海外移住 成功 失敗 - 【SNSビジネス】で稼ぎ続ける・・ための3つの法則!

海外移住で失敗したくない貴方へ!成功するために絶対必要な「IMS」って一体何?


年金プラス30万円あれば?

最近は、海外移住が注目を集めてるらしいです


その理由として、経済的な理由が挙げられているようですね。

頼りない日本の年金制度、余裕があるとは言えない支給額などが問題になっているようです。
ところが、その同じ年金額を物価の安い国へ持っていくと、余裕のある豊かな生活を送ることができるかもしれないとのことです。

そこで、一般財団法人ロングステイ財団が意識調査(2009年4月〜2010年3月)を行った資料によると
ロングステイしたい国の第1位はマレーシアでした。しかもマレーシアは6年連続第1位とのことです。

<ロングステイ希望国ベスト10 と ビザなしで滞在可能な期間>
1位 マレーシア      3カ月
2位 ハワイ        90日
3位 オーストラリア   −
4位、タイ       90日
5位 ニュージーランド   3カ月
6位 カナダ       6カ月
7位 フィリピン     21日

老後は日本よりも生活費の安い海外で、悠々自適の日々を送りたいという人が増えているそうです。
幸せな生活を送るために必要な条件とは何かを一緒に考えてみましょう。

海外に行けば本当に、少ない費用で豊かな生活が送れるのでしょうか?
日本人が憧れるハワイやオーストラリアの物価は、安くありませんのでここは割愛しましょう。

タイやフィリピンの場合は、現地の人は月5万円以下で暮らしているそうですが、おそらく日本人はそういう生活には耐えられないでしょう。

特にフィリピンはセキュリティの問題で満足できるレベルの暮らしなら、月に12万〜13万円はかかるそうです。ちなみに12万〜13万円は、タイやフィリピンの管理職の月給に相当する額らしいです。

ただ、日本の公的年金を満額受給できる夫婦(夫が厚生年金加入で月23万円程度を想定)なら、多少余裕をもって月18万円かかるとしてもお釣りがくる計算になりますが、一方、国民年金の夫婦だと受給額は満額でも13万円程度なので、これらの国で暮らすのは難しいようです。

もう一つ心配なのは医療費でしょうね。海外に住んでいる場合、当然ながら日本の健康保険は使用できません。
ですから自分で「海外旅行保険に入る」か、「全額自己負担で対応する」しか手段がないということになります。

前章の年間必要生活費にある{海外旅行保険}がこの医療費にあたり、最低でも1人年間20万円。
全額負担の場合は、日本で受ける医療の3倍〜5倍以上を想定しておいたほうがいいでしょう。

いずれにしても、海外で老後を暮らす為には、年金だけでは不安がありそうですね。
年金のほかに なにか不動産収入のような権利収入があれば問題ないのですが・・

しかしながら、今からアパートを建てるのは相当難しいと思います。というか、アパートを建てれる
資金が手元にあれば別に問題ありません。

そこで、アパートを建てなくても、権利収入を手に入れる方法があることをご存知でしょうか?

それは「IMS」ビジネスです。
(IMSとはインターネット・マーケティング・システムの略称です)

口コミしない・勧誘しない・セミナー行かない・・・
それが「IMS」ビジネスです。それも一度構築すれば、下がらない収入です。

しかも、そのまま海外に持っていっても継続できるんです。
年金の他に毎月30万円の権利収入を手に入れる方法です。

もう一度言います。一時金では無く、毎月、毎月入ってくる収入です。

嘘なのか本当なのか確認してください。

口コミしない、勧誘しない、セミナー行かない。それでも成功できる方法です!

     今すぐクリック
      ↓ ↓ ↓ ↓


年金プラスあと30万円あればどうですか!?

私も最初は不安でした。でも勇気を出してクリックしました!


o-rora01