ネットワークビジネス 子育て - 【SNSビジネス】で稼ぎ続ける・・ための3つの法則!

日本から子供が消える!?出生率から見る日本の現状


「1.42」

この数字は何だと思いますか?


これは厚生労働省が発表した、
2014年の日本の最新の出生率です。


family-457235_640.jpg

この数値は1人の女性が一生のうちに産む
子供の数を表しています。
平成17年に1.26と過去最低の値を記録し、
それ以降は徐々に上昇傾向にあったのですが、
昨年からまた減少傾向にあるようです。


日本の女性は子供を欲しいと思っていない
そういうことなのでしょうか?


20代〜40代の約45%が「子供を欲しいと思わない



やはり子供を欲しいと思わない人は半数近くいるようです。
子供を欲しいとは思わない」、何故そう思うようになったのでしょうか。理由を調べてみました。


数ある理由の中で特に多かった理由は何でしょう。
それは「子供を育てていけるお金がない」

確かにそう思うのも無理はないのかもしれません。
特にバブル崩壊後に生まれた現代の20代は、景気の良い日本というものを経験していません。
生まれた時から不景気だ不景気だと周りは言い、終いには「失われた20年間」とまで言われる始末。自分たちが何かしたわけでもないのにひどい言われようです。


景気回復の見通しも立っていない、この先行き不明な世の中で、
自分が生活していくだけでも一苦労なのに、ましてや子育てなんてしている余裕なんて
どこにもないのが現状なのではないでしょうか?


現状を打破するための政府の対応は?



この現状を打破しようと、政府や各自治体は
子育て支援活動を展開していますが、
「現在子供を育てている家庭」が
メインの対象となっている感が否めません。

もちろんこんな世の中でも必死に子育てをしている家庭の支援も大切だとは思うのですが、
同時に、多くの女性に「子育てしたい」と思ってもらえるような環境づくり
つまり現時点での最も大きな課題である
安定した労働環境づくりにも
熱心に取り組む必要があると私は思います。


そうすれば子供を欲しいと思わない約半数の人の心を動かすことが出来るのではないでしょうか。


今、自分の子供を産んで育てたい、でも経済的ない理由で育てていける自信が無いんだよなぁ、そんな女性の方がいらっしゃると思います。

もしかしたら、子供は欲しいけど、自分の稼ぎではとても養っていけないんだよなぁ、と悩まれている男性の方もいるかもしれません。


そんな悩みを解決する方法を私は知っています

今どきの入園事情

平成27年4月より 新子ども・子育て支援新制度がスタートします。
消費税増税分を活用し子育てを社会全体で支えるという目的があるそうです。

現在、小学校入学前の子どもが3年保育と呼ばれるものは3歳から、2年保育と
呼ばれるものは4歳から入園しています。

入園先も幼稚園と保育園では文科省と厚労省という管轄の違う施設でありますが
以外に知らない若いママさんも多いようです。

幼稚園というのは幼児期の教育を行う目的であり
保育園というのは保護者の就労などで保育に欠ける子どもを保育することが目的です。

そしてここ数年のうちにできたのが、認定こども園というもので
幼稚園と保育園が一緒になったものと考えて良いようです。

保育園に入園させるには、就労証明書等を提出しなければいけませんが
育児休暇中であれば、それも簡単なことです。

しかし、結婚、出産のために一度退職した場合は、まず仕事探しから考えなければ
いけません。まだ就職していないので入園手続きも求職中という状態なので優先順位が
下がります。育児休暇中の方が最優先されるようです。


入園を先にするか就職を先に考えるか。
ここらへんでママたちは頭をかかえます。

結果的には一時預かりなどで子どもを預けて面接をしたり、
短期保育や保育ママ制度などを利用して入園まで繋ぐ。

この煩わしさ、そして待機児童を0にする対策として
新制度が考えられたとも聞いています。

安心して子育てできることで少子化を食い止めることができるなら
日本全体の為になる制度と言えますね。

新制度では保育を必要とする事由が今までより広がるようです。

□フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働など基本的に
 すべての就労を含む
□求職活動
□就学
□虐待やDVのおそれがあること

などが新たに加えられた事由だそうです。

あとは、就職を探すだけ・・・なのですが

入園してからも風邪などで休まなければならないこともあるでしょう。
小学校に入学したときの対策も考えなければいけません。
放課後児童クラブにも定員があります。

そんなことを考えていると
在宅で仕事ができれば、一番いいのにと思いますね。

子どもとの時間もたっぷりとれます。
夏休みも心配もありません。
職場の上司、同僚に遠慮することもありません。
就業時間ギリギリになって冷や汗をかくこともありません。

在宅のお仕事って何がありますか?


とても子育て時代にぴったりでしかも
一生やっていけそうなお仕事があります。

それはネットワークビジネスです。
でもみなさんの知っているネットワークビジネスではありません

お勧めするのは
友達を誘わなくてもいい口コミなしのネットワークビジネスです。


  気になる方はこちらをどうぞ!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 在宅で口コミしなくてできるネットワークビジネスの秘密